普段の寝具を変えてみる

普段の寝具を変えてみる

普段の寝具を変えてみる

普段の寝具を変えてみる皆さんは普段、どのような寝具で眠っていますか?

 

人は睡眠中に体のあらゆる部分を修復し、疲労を回復させています。

 

睡眠は生活においてとても重要で、たとえば肩こりや首のこり、体中の痛み、ぎっくり腰などは寝具が原因で起こることもあります。

 

この機に、今お使いの寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

 

最近は、軟らかめのマットレスを好む方が増えています。軟らかいマットは眠りが良くなりますが、その反面、体に負担になるリスクもあります。体がマットに沈むほど軟らかいと、寝返りをうちにくくなるため、腰などに負担をかけ、とくにぎっくり腰のリスクが上昇します。

 

もともと腰痛が気になる方はとくに、硬めの寝具の方が適しています

 

たとえば、マットレスでも三つ折りタイプより四つ折りタイプの方が腰に良いとされています。また、ジェルマットもおすすめです。ジェルマットは硬さを調節できるので医療用や介護用にも利用されており、腰や足などの部位に合わせることができます。

 

布団でも、三層タイプがおすすめです。中綿の素材が層になっている布団は適度な硬さがありますから、寝返りもうちやすく腰への負担も軽減できます。枕も重要で、最近はオーダーメイドが人気になっています。自分の首などに合わせて選ぶと、首まわりの関節痛対策になります。

▲TOP