関節痛と似た痛風の症状

関節痛と似た痛風の症状

関節痛と似た痛風の症状

関節痛と似た痛風の症状痛風はほとんどの方が、発作的に下肢に激痛が走ります

 

おおよそ7割の方が足の親指にピンポイントで痛みが出るようですが、もちろん患部には個人差があり、関節あたりに痛みが出るケースも珍しくありません。

 

もし、激しい運動やスポーツをしたわけではないにもかかわらず、関節に痛みが走る、とくに深夜に関節痛で目が覚める方は、痛風の疑いがあると言えます。

 

関節痛と思い込んでいるだけで実際は調べてみると痛風の発作だったというケースも。

 

痛風は体内に尿酸が蓄積することで引き起こる病気で、血液中の過剰な尿酸が結晶化したとき、関節にこびりついてしまいます。そのため、関節で炎症が起き、関節痛のように関節に痛みが走る仕組みになっています。

 

痛風の前段階を高尿酸血症と言い、生活習慣病の一種です。慢性的に血液中の尿酸が増えていく状態です。

 

前段階で気付ければいいのですがそう甘くなく、高尿酸血症を引き起こしても自覚症状が乏しいため気付きにくいのです。そのまま知らないところで進行して行き、関節に痛風の発作があらわれます。

 

体の中には関節が多々ありますが、やはり一番症状が出やすいのが足先です。親指の付け根に補佐が起こりやすく痛みが発生します。

 

ちなみに関節リウマチの場合も激痛がはしるため、素人目では痛風と混合されやすいところが厄介な点です。とはいえ、全く異なる病気です。関節リウマチは膠原病の一種であり、免疫システムの異常が招くトラブルです。

 

全く異なる病気ですから、どちらにしてもまず状況を把握するために病院で診てもらいましょう

 

また、痛風は男性に多いとされていますが、女性はハイヒールを履くことが多く高尿酸血症の負担が足にかかり、発作が出ることもあります。

▲TOP